小豆島WEBマガジン > 二十四の瞳映画村

二十四の瞳映画村(にじゅうしのひとみえいがむら) 駐車場お食事売店トイレ

校舎

瀬戸内海を見渡す海岸沿いに、昭和初期の小さな村が再現されています。この施設は、1987年(昭和62)田中裕子主演で再映画化された、「二十四の瞳」のオープンセットを利用した観光施設です。村のメインストリートには、昭和初期をイメージした民家や漁師の家などがが並んでいます。また壺井栄文学館では、生前壺井栄が愛用していた調度品や各作品の生原稿などを展示しており、映画館「松竹座」では「二十四の瞳」を常時上映しています。

 

サイトアドレス: http://www.24hitomi.or.jp

定休日 駐車場 食事処 売店 トイレ その他
なし -

 

村内路地

教室お堀

アクセス

住所:香川県小豆郡小豆島町田浦
車での所要時間 [土庄港:50分] [池田港:35分] [草壁港:20分] [坂手港:15分] [大部港:60分] [福田港:40分]

 

二十四の瞳DVD

TV「二十四の瞳」DVD版 - 黒木瞳主演。終戦記念60周年を記念して壺井栄の不朽の名作をドラマ化!

TVドラマ「二十四の瞳」昭和3年、小豆島の岬の分教場に師範学校を卒業したての大石久子(黒木瞳)が赴任してきた。久子が担当したのは小学校1年生の12人。純粋で明るい子供たちは優しく美しい久子を“おなご先生”と呼んでなついた。やがて、平和な島にも戦争の影がちらつき始め…。
12人の小学生との20数年に渡る交流を通して、平和の尊さと教育の本質を問う。
【キャスト】黒木瞳/渡部篤郎/小栗旬/小林稔侍/蒼井優/柄本明ほか

 

TVドラマ「二十四の瞳」のご購入はこちら

映画「二十四の瞳」DVDデジタルリマスター版 - 高峰秀子主演。監督木下恵介

映画「二十四の瞳」瀬戸内海で淡路島に次ぐ大きな島、小豆島。分教場に新任の先生が来ることになった。名前は大石先生と言う。受け持ちは、小学1年生の子供たち。点呼をとりながら大石先生は一人一人の顔と名前を覚えていく。大石先生と子供たちは歌を歌い、汽車ごっこをして、野原を飛び回り、すっかり先生になついていた。その数年後、高学年になった子供たちは大石先生と再会するが、時代は軍国主義になっていた…。
【キャスト】高峰秀子、郷古秀樹、郷古仁史、渡辺五雄、渡辺四朗、宮川真ほか

 

映画「二十四の瞳」のご購入はこちら

 

 

二十四の瞳小説

小説「二十四の瞳」 (新潮文庫)

小説「二十四の瞳」 (新潮文庫)瀬戸内海べりの岬の分教場に赴任してきた「おなご先生」と12人の生徒たちとの心のふれあいを描いた愛の物語。悲惨な戦争がもたらした不幸と苦難をのりこえて、終戦後成長した生徒たちに招かれるが、「おなご先生」が再び二十四の瞳に出会うことはなかった。
【著者】壺井栄/1899年、香川県小豆島生まれ。『母のない子と子のない母と』など、郷土愛と人間愛にあふれた温かい作品を多く残した。

 

小説「二十四の瞳(新潮文庫)」ご購入はこちら

小説「二十四の瞳」(角川文庫)

小説「二十四の瞳」(角川文庫)昭和のはじめ、瀬戸内海べりの一寒村の小学校に赴任したばかりの大石先生と、個性豊かな12人の教え子たちによる、人情味あふれる物語。分教場でのふれあいを通じて絆を深めていった新米教師と子どもたちだったが、戦争の渦に巻き込まれながら、彼らの運命は大きく変えられてしまう…。戦争がもたらす不幸と悲劇、そして貧しい者がいつも虐げられることに対する厳しい怒りを訴えた不朽の名作。
【著者】壺井栄/1899年、香川県小豆島生まれ。小説家・童話作家。

 

小説「二十四の瞳(角川文庫)」のご購入はこちら

 

二十四の瞳映画村のクチコミ

男性/20代 2013/01/17評価5点

かなり充実した施設でした!\(^ー^)/お土産屋も充実してますよ~(^O^)

男性/50代 2012/12/01評価4点

何か懐かしい雰囲気でゆっくりしました。二十四の瞳が上演されていましたが最後までは見れませんでした。

男性/40代 2012/11/18評価5点

なかなかの感動を覚える施設で、昭和の映画史を再認識させてもらうことが出来ました。いろいろな文献や写真が展示され、二十四の瞳の映画資料以外の物も数多くあって時間を忘れて映画の世界に引き込まれてしまいました。お食事処やお土産屋さんもあるので、しっかり半日つぶせてしまいます。何より、二十四の校舎前からの瀬戸内の海は絶景です。

男性/50代 2012/09/16評価4点

二十四の瞳映画村の少し手前に「岬の分教場」があります。どちらも無料駐車場です。また、PCから前って割引き券も発行しておけばお得に入園できます。
映画村では、紙芝居の実演を聞くことができましたし、当時の給食(コッペパン・牛乳など)の再現食も味わうこともできますし、手延べそうめんセットやお醤油の味比べもできたりします。映画好きには堪らない場所だと思いますし、園内に流れる川には鯛などの魚が優雅に泳いおり、100円でエサやりもできます。駐車場横にある公衆トイレも当時の面影をそのまま残しているようなトイレで、少々臭かったです(笑)

男性/40代 2012/08/19評価5点

二十四の瞳の映画も観ることが出来、映画館の切符売り場に高畑淳子さんがいて、面白かったです。
シルバーのおじさんたちが竹で昔のおもちゃを作って下さるコーナーもあり、楽しかったです。
すいていたので指輪、風車、水鉄砲、鳥笛、竹とんぼを作ってもらいました。

男性/20代 2012/08/16評価5点

行った時期や天気にもよると思いますが、とてもよかったです。
木造の小さな校舎の窓から広がる青い空と海。となりにはヒマワリ畑が広がっています。映画の中に迷い込んだ気分になります。

女性/40代 2012/08/01評価4点

20年ぶりに訪れたこの場所はすっかり観光化していましたが、建物は昔のまま変わらずとても懐かしく思いました。
おみやげ物も粋なものが多く、楽しめました。

男性/40代 2012/07/29評価4点

昔懐かしい雰囲気がすごいするところで、駄菓子も売ってたので、つい買っちゃいました。
また、竹馬も久しぶりに乗ったりもしてとても楽しかったです。

男性/40代 2012/05/03評価5点

母と妻、子供達とで訪れました。
子供達は分校場にあった竹馬に夢中になって挑戦していました。
個人的には坪井栄さんの記念館がとても興味深く勉強になりました。

女性/40代 2012/04/30評価4点

教室のセットに展示してある映画のあらすじは泣けます。

女性/40代 2012/04/28評価5点

古い町並に海と菜の花、鯉のぼりが泳ぎとても綺麗でした。
映画館は遅かったせいか上映してなかったけど、受付ベルを押すと違う台詞を言う高畑敦子にビックリ!

女性/30代 2012/04/24評価2点

レトロな雰囲気漂う景色が綺麗な映画村。
ただ20~30分で観光できてしまう小さな観光場所。公共機関はめちゃくちゃ不便・・・。でもオリーブ公園の桟橋から渡し船があって、船頭さんは少し無骨な漁師さんって感じやけど10分弱の楽しいボート旅が出来るので、映画村に立ち寄るなら是非利用してみて!
岬の分教所のセット券を購入し足を運んだけど、これは全く必要なし!映画村にあるセットの分教所の本物があるだけで、映画村内だけで十分満喫できた。
おススメはしょう油味のアイスクリーム!!ちっともしょう油臭くないから是非食べてみて!
渡し船・・大人片道500円。アイス・・濃厚バニラとのミックス味250円

女性/40代 2012/01/29評価2点

海の景色はとても良かったけど、映画村はお土産屋さんの集まりみたいでした。
敷地の1番奥に映画で撮影した建物があって中を見学出来ました。入場料七百円は正直高いかな?と思いました。

男性/40代 2011/12/28評価2点

あまり期待をせずに伺ったのですが、ただ、ロケで使われた校舎があるだけで、後はお土産屋さんがあるだけでした。
季節的に冬で寒かったこともあるかもしれませんが、とても寒々しい気持ちで10分程で出て来てしまいました。
もう少し気候が良ければ海もあって、楽しめたのかもしれませんでした。

女性/20代 2011/12/24評価5点

魚(コブダイ等)の餌やりが100円で、できます。おもしろすぎました。
昔懐かし給食セットも食べれます!レトロな町並みも楽しめました。

男性/40代 2011/11/24評価4点

海沿いの景色が最高でした

女性/40代 2011/10/19評価4点

期待した以上に楽しめました。特に、同行した両親が、自分の小学生の頃を思い出し、懐かしんでいました。
普段、歌など歌わない父が、唱歌(?)を口ずさんで、上機嫌だったので、連れて行ってあげてよかったと思いました。
また、学校の窓から見える真っ青な瀬戸内の海が美しかったです。
 

> 二十四の瞳映画村のトップへ戻る