小豆島WEBマガジン > お猿の国銚子渓

お猿の国銚子渓(ちょうしけい) 駐車場食事処売店トイレ

銚子渓

餌付けされた約500匹のサルの群れが遊ぶ自然動物公園です。
園内には世界のサル園もあり、家族で楽しめます。毎日2回モンキーショーも開催されています。

 

開園時間 : 8時10分~17時(最終入園16時30分)
入園料:大人370円/小人180円

定休日 駐車場 食事処 売店 トイレ その他
無休 -

 

お猿の国おサル

餌やり場モンキーショー

アクセス

住所:香川県小豆郡土庄町黒岩1841
車での所要時間 [土庄港:20分] [池田港:20分] [草壁港:35分] [坂手港:45分] [大部港:20分] [福田港:45分]

YouTube動画

 

お猿の国銚子渓のクチコミ

女性/30代 2013/01/03評価5点

小屋の中から餌やりができるのですがたくさん猿が集まってきてすごかったです。怖がって?なのか他の観光客の方は全然されてなかったのですが猿に餌をあげる機会なんてないのでやってみました。従業員のおじさんもユーモアがありやり取りが面白かったです。

女性/30代 2013/01/02評価4点

着くまでの道路にサルが出てきてサファリパーク気分を味わえました。2歳の娘も大興奮。車内から釘付けでした。入ると左右にたくさんいて、寒いからかだんごに固まっていました。中に小猿がいて可愛すぎました。うんちがたくさん落ちてました。

女性/20代 2012/09/22評価4点

9月の平日に行ったためか、他にお客さんはおらず、貸切でした。
お猿さんがそこらじゅうにいて、近くで見れて、意外と楽しめました。えさやりをしましたが、人が小屋の中に入ってえさをあげるので不思議な感じでした。お猿さんの勢いがすごくて、旦那はビビッてましたが、楽しかったです。お猿さんとを見るだけの所ですが、行ってみてください。

女性/30代 2012/08/21評価4点

着く少し前から猿が道路脇にいてびっくりしました。中に入ると本当にたくさんの猿達が近くを通ったり、側でけんかをしていたり、普通に暮らしている中を「おじゃまします」と通らせてもらっている感じです。 赤ちゃん猿はとてもかわいかったでかんsす。(人間が)檻のような小屋の中に入って、中からえさもあげられます。私はショルダーバッグを持っていたのですが、だからなのか?猿が膝の辺りにつかまりに来てちょっと驚きました。すぐ離れましたが。

男性/40代 2012/06/27評価2点

観光客が私たちだけで全くいなく、お猿さんも疲れていたのかぐったり、ボーッとしていました。

女性/20代 2012/02/12評価4点

数年前に閉鎖された孔雀園にいた孔雀たちもここにいたので、孔雀も猿も見ることが出来て満足でした。
残念ながら繁殖期(春)ではないので孔雀が羽を広げるところは見られませんでした。
100円で猿にえさをやることが出来るのですが猿に飛びかかられてバケツの中の大豆をぶちまけてしまいました。なかなか迫力がありました(笑)
モンキーショーは綱渡り、逆立ち、竹馬など、ありきたりな内容なのにおばちゃんの喋りが面白くて素敵でした。

女性/30代 2011/11/25評価4点

放し飼いのお猿が面白い!モンキーショーも脱力系でお勧め!

男性/50代 2011/11/03評価5点

猿、猿、猿の猿だらけでエサをあげると集団で集まってきます。
ぐーパンチする猿や芸をする猿がいて、めっちゃ楽しいです。猿が嫌いでなければ絶対行ってくださいね。

男性/30代 2011/10/05評価5点

生憎の天気だったのが逆に幸いし私達の他に利用されるお客さんも少く、有料で檻の中に入りサルに餌やりを出来る場所が有るんですが、其処で1グループの猿全てと言っても良いぐらいの猿相手(ボス猿や子供を抱いた母猿、子猿等)に餌をあげる事が出来友達一同、来て良かったと帰りの車内で盛り上がりました。
今度は家族で来たいと思います。

男性/40代 2011/09/30評価3点

4歳の子連れ旅行なので、ほのぼのとした場所を想像していましたが。。。
駐車場で無愛想なおばはんに入園料を払い、終わりかけのおさるのショーを見ました。最後に少し失敗しましたが、おさるが器用に竹馬に乗るのを見て、子供はとても驚いていました。
えさやり体験はとても過激です。200円の餌をかって避難小屋の中から差し出すと、無数のお猿が奪い合いの泥仕合を展開します。
子供は恐怖のあまり固まってしまいました。故に、あまり小さなお子さんにはお勧めしません。

男性/50代 2011/09/24評価5点

小豆島の中で一番楽しめた場所でした。
猿の餌やりは100円です。大豆を節分の豆まきの要領で投げると、沢山の猿たちがこちらに集まってきます。柵がないので、とても親近感が沸きました。係員の指示に従えば握手なども可能です。

 

> お猿の国銚子渓(ちょうしけい)のトップへ戻る